これまでの年金関連の問題点

これまでの年金関連の問題点は
社会を支える存在である働き盛りの若年層の数が減少すると
現在の制度を維持する事が非常に難しくなる事です。

毎月保険料を納めていても若年層が減少すると
年金額の減額や支給開始年齢が遅れるといった問題点が出てきます。

現在、国民、厚生、共済の各年金制度があります。

切替でミスが生じると
加入期間として認めてもらう事が出来ないだけではなく、
保険料を追納しようとしても
そのブランクが長ければ出来ないという問題点があります。

年金の運用でミスを犯し、多くの損を出した事も問題点の一つです。

また、その問題を十分に説明をしないまま
現在のシステムを継続している事も大きな問題です。

年金の業務を取り扱う行政機関の様々な不手際によって
多くの国民の中に保険料を納付したくないと思わせるようにあんり、
保険料の納付率の低下を招いた事も年金関連の問題点の一つです。

若年層を中心に年金行政への不信感を増大させ、
彼らの保険料の納付率を低下させた事も問題点の一つです。

また年金を受け取れるかどうか不安なシニア世代の人たちも、
最近では新たな手法を見出しているようです。

年金が受け取れなかった時のために、自分で投資をするのです。

FX初心者でも老後のために儲けやすいのが魅力のようです。

支給開始年齢、保険料が毎年のようにかわるため
多く人々や企業は混乱し、不安を感じるようになっています。

このような状況を生み出した事も問題点の一つになります。

nenkin3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です