世界と日本の年金制度の違い

日本の年金制度は世界とは異なり
すべての人々が恩恵を享受出来ます。

日本は他の世界には見られない国民皆年金制度を導入しています。

日本の年金制度は税負担が世界と比べるとあまり高くないです。

保険料でシステムを支えています。

世界では所得の低い人々を中心に最低保証年金が設けられていますが、
日本では一部のケースを除いて保険料を一定期間納付しなければ
年金を受け取る事が出来ない仕組みになっています。

世界の多くの国々では貧困層は
年金、富裕層は自身のこれまでの蓄え等で
生活をしているケースが多いです。

一方、
日本では大多数の人々が年金を主な収入源にして生活を営んでいます。

日本の年金制度は少しでも納付期間が不足していると
基本的には全く年金を支給されないシステムなっています。

そのため、そのような人々は生活保護を活用するケースが多いです。

結果、多くの自治体で生活保護の財政が苦しい状況にあります。

日本の年金制度は世界とは違い
すべての国民の老後の生活の安定を目指すために設けられています。

しかし、少しでも不備があるとその恩恵を享受する事が出来ず、
安定した社会生活を営む事が困難になる制度でもあります。

問題点もありますが
日本の制度はすべての国民の生活を支援するものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です