日本の公的年金の運用の仕組みは?

日本の公的年金は、
ただ単に支払の義務がある人から支払ってもらったものを
管理するだけではありません。

そのお金を原資として運用して増やそうとするわけです。

その公的年金における保険料では、
どの程度運用していくのかは決められていて、
おおよその割合が示されています。

主に運用方法として使われるのは、株式です。

株高になればそれを売買することで差額の利益が出ますし、
売買が難しくてもその株式から得られる株主配当金を持って、
運用収入の一部とすることも出来るものです。

株式以外にも国債などの保有、購入なども行いますし、
無論満期になれば返ってきますから
一定の利益は出る仕組みになっています。

他にも手軽に行えるFXなどの投資方法もありますが、
初心者が多いため、FXを100通貨単位で取引で
リスクを最小限におさえるのも一つの方法です。

運用方法はどうあれ、いずれの場合でも投資になるため、
利益が出ることもあれば損をする場合もあります。

長い目で見ていって判断をすることが求められます。

景気に影響される運用方法である以上、
景気がよくなれば自然と運用益によって相応のもうけが生じるでしょうし、
景気が悪くみんなが株式を手放したりすれば、
公的年金の損失によって生じたその差額分は
どこかで補填をしなければならなくなってきます。

国民の所得がそれほど上がっていない以上は、
慎重に対応を行うことが求められることは言うまでもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です