本当に年金ってもらえるの?

nenkin4

若い時に払い続けても、20年後に本当に年金がもらえるのか、
という疑問を持っている人も多いでしょう。

私も例外ではなく、もしもの時のことを考えて資産運用をはじめました。
イチオシは「FX会社を人気順に紹介したサイト!」です。
すごくわかりやすいので、初心者にも理解しやすいですよ。

とはいえ、きちんと納めていれば、年金はもらえるはずなのです。

現在でも将来もらえないという人も多いですが、
本当にもらえない状態になれば
それは国そのものがなくなっている可能性が高いです。

年金がもらえるかどうかの状態ではないといえます。

いうまでもありませんが、
二十五年以上支払わなければもらえませんので確認しておくことです。

今はもらえるかもらえないかではなく、支給される金額をみるとよいです。

現状のまま続けば将来もらえる年金の金額は下がりますが、
年金制度は何度か変わってきていますし
徐々にではありますが景気も改善しつつあります。

年金は老人になってからもらうだけではなく、
病気や怪我によって障害がでてしまった時にも支給してもらえます。

また万が一死亡した場合にも、
きちんと支払っていれば遺族にお金を残すことができます。

いざというときにも役立つので、
支払っておいたほうが得することが多いです。

年金をもらうのは基本的に六十歳以上になってからですが、
様々な理由でお金を支給してくれる仕組みになっています。

国が存在している限り、もらえないという事態になることはありえません。

不安などから、将来もらえないと判断せずに
冷静に判断していけば支払っておいて困ることはありません。

これまでの年金関連の問題点

これまでの年金関連の問題点は
社会を支える存在である働き盛りの若年層の数が減少すると
現在の制度を維持する事が非常に難しくなる事です。

毎月保険料を納めていても若年層が減少すると
年金額の減額や支給開始年齢が遅れるといった問題点が出てきます。

現在、国民、厚生、共済の各年金制度があります。

切替でミスが生じると
加入期間として認めてもらう事が出来ないだけではなく、
保険料を追納しようとしても
そのブランクが長ければ出来ないという問題点があります。

年金の運用でミスを犯し、多くの損を出した事も問題点の一つです。

また、その問題を十分に説明をしないまま
現在のシステムを継続している事も大きな問題です。

年金の業務を取り扱う行政機関の様々な不手際によって
多くの国民の中に保険料を納付したくないと思わせるようにあんり、
保険料の納付率の低下を招いた事も年金関連の問題点の一つです。

若年層を中心に年金行政への不信感を増大させ、
彼らの保険料の納付率を低下させた事も問題点の一つです。

また年金を受け取れるかどうか不安なシニア世代の人たちも、
最近では新たな手法を見出しているようです。

年金が受け取れなかった時のために、自分で投資をするのです。

FX初心者でも老後のために儲けやすいのが魅力のようです。

支給開始年齢、保険料が毎年のようにかわるため
多く人々や企業は混乱し、不安を感じるようになっています。

このような状況を生み出した事も問題点の一つになります。

nenkin3

世界と日本の年金制度の違い

日本の年金制度は世界とは異なり
すべての人々が恩恵を享受出来ます。

日本は他の世界には見られない国民皆年金制度を導入しています。

日本の年金制度は税負担が世界と比べるとあまり高くないです。

保険料でシステムを支えています。

世界では所得の低い人々を中心に最低保証年金が設けられていますが、
日本では一部のケースを除いて保険料を一定期間納付しなければ
年金を受け取る事が出来ない仕組みになっています。

世界の多くの国々では貧困層は
年金、富裕層は自身のこれまでの蓄え等で
生活をしているケースが多いです。

一方、
日本では大多数の人々が年金を主な収入源にして生活を営んでいます。

日本の年金制度は少しでも納付期間が不足していると
基本的には全く年金を支給されないシステムなっています。

そのため、そのような人々は生活保護を活用するケースが多いです。

結果、多くの自治体で生活保護の財政が苦しい状況にあります。

日本の年金制度は世界とは違い
すべての国民の老後の生活の安定を目指すために設けられています。

しかし、少しでも不備があるとその恩恵を享受する事が出来ず、
安定した社会生活を営む事が困難になる制度でもあります。

問題点もありますが
日本の制度はすべての国民の生活を支援するものです。

日本の公的年金の運用の仕組みは?

日本の公的年金は、
ただ単に支払の義務がある人から支払ってもらったものを
管理するだけではありません。

そのお金を原資として運用して増やそうとするわけです。

その公的年金における保険料では、
どの程度運用していくのかは決められていて、
おおよその割合が示されています。

主に運用方法として使われるのは、株式です。

株高になればそれを売買することで差額の利益が出ますし、
売買が難しくてもその株式から得られる株主配当金を持って、
運用収入の一部とすることも出来るものです。

株式以外にも国債などの保有、購入なども行いますし、
無論満期になれば返ってきますから
一定の利益は出る仕組みになっています。

他にも手軽に行えるFXなどの投資方法もありますが、
初心者が多いため、FXを100通貨単位で取引で
リスクを最小限におさえるのも一つの方法です。

運用方法はどうあれ、いずれの場合でも投資になるため、
利益が出ることもあれば損をする場合もあります。

長い目で見ていって判断をすることが求められます。

景気に影響される運用方法である以上、
景気がよくなれば自然と運用益によって相応のもうけが生じるでしょうし、
景気が悪くみんなが株式を手放したりすれば、
公的年金の損失によって生じたその差額分は
どこかで補填をしなければならなくなってきます。

国民の所得がそれほど上がっていない以上は、
慎重に対応を行うことが求められることは言うまでもありません。

公的年金に数兆円の運用損!
その原因は?

公的年金は、国民から支払われた年金保険料を
そのまま保有していても減っていくだけなので、
運用をして少しでもその財源を確保しようとします。

運用をするということはもうけも出れば、
反対に損をすることもあるということですから、
その時々によって利益なり損なりがでることは仕方がないことです。

ただし、国民から預かった公的年金を運用しているわけですから、
損が続くようでは将来もらえる年金額は減ってしまいます。

慎重に運用をしてもらいたいと考える国民は少なくありません。

現在では、社債や株式などの運用で対応をしていますが、
2012年、2013年頃からの株高を背景にして、
株式への比率を高めていることが背景にはあります。

したがって、株式は個人投資家や
機関投資家が株の売買差益によるもうけを狙って行動をしていますので、
公的年金による運用でも同様にその売買差益を狙って、
投資を行っているわけです。

ただ、公的年金の全てを株式に投入するのはリスクが大きすぎます。

そのため、いくら株高になるからといっても
全てを株式に投入することはあり得ませんし、あってはならないことです。

個人で投資をはじめるのであれば、
やはりオススメは少額からはじめられるFXでしょう。
口座開設も無料ですし、リスクは少ない投資方法のひとつです。

中国経済の失速による株の損失が大きい以上は、
今後の株による売買差益についてはより慎重になるべきでしょう。